ロゴ

上手に進めるためにはここでやるべきことを把握しておく

不用品の処分方法も考えよう

引っ越し作業中に出る大きな粗大ごみをどのように処分するのかを事前に決めておかないと後々面倒ですよ。引っ越し業者に処分を任せてもいいですし、リサイクルショップに買い取ってもらう方法も資金調達に最適です。

事前にやっておくこと

作業員

余裕をもって早めに連絡をする

新居がすでに決まっている場合は、早めに引っ越し準備をするのがおすすめです。業者には、引っ越し予定日の一か月前から連絡をしておきましょう。そうすれば余裕を持って準備に取り掛かることができます。

カレンダーを有効的に使う

時期が決まると、そろそろ本格的に引っ越し準備を始めないといけません。何をいつまでに完了させるべきかなどの情報はカレンダーに記載すると忘れずに手続きができますよ。転居届の作成や電気やガスの停止手続き、郵便物の転送届などもこの時に計画を立てて、順番よく進めていきましょう。

学校に通っているならその手続きも忘れずに

神奈川から他の地域へ引っ越し時やその逆の場合、幼稚園や保育園、小学校転校に関する手続きも忘れずに行いましょう。入学に必要な書類を引っ越し先の自治体の窓口に提出するために前もって準備しておくのが一般的です。

多く寄せられた疑問を紹介

キャンセル料はかかりますか?

引っ越し準備のためにまずはじめに行うのが新居探し、その次に引っ越し業者です。新しく住む場所が決まっており、すでに業者の手配も済ませているけどお客さん側の都合でキャンセルすることもあります。この場合は、いくらかのキャンセル料が発生する可能性があります。キャンセル料の規定については、それぞれ業者によって違うのでホームページなどで確認をしておきましょう。

電気や水道、ガスの停止はいつ頃が良いですか?

間に合わない場合は最悪、前日から当日でもいいですがなるべく早めに連絡しておくほうが良いでしょう。目安は引っ越しをする一週間から二週間前です。

転移届は必ず行うべきですか?

必ずやっておかなければならないことです。特に住所変更していないと色々と面倒なことが発生しますし、郵便局への転居届ができていないと、大切な郵便物が部屋に届かなくなります。

広告募集中